そもそもなぜメニエール病になるのかというと、内耳の内リンパ液が増えることが原因なんです。 内リンパが水ぶくれしているような状態で、これを内リンパ水腫とも言います。 なぜ、内リンパ水腫になるのかは、今のところはっきり分かっていません。 内耳の内リンパ液が増えてしまうと、内耳は働きにくくなってしまいます。 そうすることで、めまいが起きたり、嘔吐、耳鳴りがしたり、難聴になってしまうのです。 このようなメニエール病の症状が、何度も起こってしまうことが、メニエール病の特徴でもあります。 メニエール病を発症しやすいのは30歳〜50歳くらいの女性です。 また、ストレスや睡眠不足でも、メニエール病を発症しやすくなります。 頻繁にめまいが起きたり、嘔吐、耳鳴りがするようであれば、まずは安静にしましょう。 そして、一度病院で診てもらって下さい。 治療方法は、症状を落ち着かせる薬が処方されたり、注射、点滴を行います。 メニエール病はなかなか治りませんが、まずは症状を落ち着かせて、様子を見ます。